りえりえの節子

男性だけにある前立腺という臓器は生育や活動にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても大きく関わり、前立腺に発生してしまったガンも同じように、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの機能によって肥大化してしまいます。
患者数が増加しているうつ病では副交感神経が優位になると脳で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足した結果、憂うつ感、不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図等の様々な症状が現れ、2週間以上続きます。
耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けることができますが、中耳付近に様々なバイ菌やウィルスなどが付着して炎症が起こったり、液体が溜まる症状を中耳炎と言っています。
胸焼けが特徴である逆流性胃腸炎は、食生活が欧米化したことに加えて煙草を吸う事・アルコールの習慣・脂肪過多などの生活習慣の質が低下したこと、ストレス等に縁って、現在日本人に多く発病している疾患です。
体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、人体の中の脂肪の占めている割合で、「体脂肪率(body fat percentage、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(body weight)×100」という計算式で算出されます。
眩暈がなく、しつこく不快な耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを幾度も繰り返すパターンを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メヌエル)病」という名前で呼ぶ事例もあるということはあまり知られていません。
「肝機能の衰退」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)など3つの値でモニターできますが、ここ数年で肝臓の機能が悪化している人達が増加していると報じられています。
内緒で家を売る 大田区
ハーバード大学医学部(HMS)の調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日2~3カップのカフェイン抜きのコーヒーに変えることで、驚くことに直腸癌の発生率を半分以上は減らせたということが明らかになっている。
アルコールを無毒化するという力があるナイアシンは、不快な二日酔いに極めて効果的です。辛い二日酔いの素因とみられているエタナールという化学物質の無毒化に携わっているのです。
30才から39才の間に更年期になったら、医学的な言葉で表現すると「早発閉経(POF)」という疾患のことを指します(我が国では40歳未満の女の人が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい)」と呼ぶのです)。
エイズとはHIV(human immunodeficiency virus)の感染が原因のウイルス感染症の事であって、免疫不全へと至って些細なウイルスなどによる日和見感染やがんなどを複数発症してしまう症候群のことを指し示します。
花粉症の病状(鼻水、酷い鼻づまり、連発するクシャミ等)のために夜しっかり眠れないと、それが要因で慢性の睡眠不足に陥り、翌日起きてからの仕事内容に思わしくない影響を与えることもあります。
メタボリックであるとは断言されなくても、内臓の脂肪が多く付いてしまう特性の悪い肥満症になる事により、いろんな生活習慣病を誘引しやすくなります。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、正常ならば人間の体をガンから保護する役目を担う物質を作り出すための鋳型ともいえる遺伝子の不具合で発生してしまう病気だということです。
3つのアミノ酸から成るグルタチオンには、細胞の機能を低減したり変異を誘発する有害な物質を体の内部で無毒化し、肝機能を促進するような性質が確認されています。