読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奥田健治がばっさー

塩分や脂肪の大量摂取をやめた上で適切な運動を心がけ、ストレスのかかり過ぎない暮らしを続けることが狭心症を引き起こす動脈硬化を予め防ぐ知恵なのです。
うつ病というのは脳の中の神経伝達物質であるセロトニンが足りなくなり、不眠、憂うつ、強い倦怠感、食欲低下、体重減少強い焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の辛い症状が心身に現れます。
食事の際は、次に食べたい物をなんとなく口に入れたら幾度か噛んで飲み下すだけだが、そのあと人体はまことにまめに動き続けて食物を体に取り込む努力をし続けているのだ。
鍼灸のはりを体に刺してもらう、というフィジカルな無数の刺激は、神経細胞を活性させて、神経インパルスという名前の要は電気信号の伝達を起こすのではないかという見方が浸透しています。
応援ナース 越谷市
道路交通事故や建築現場での転落事故など、かなり大きな力が体にかかった場合は、複数の部位に骨折がもたらされてしまったり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、重症の場合は内臓が損壊することもよくあります。
トコトリエノールの機能は酸化を防ぐ作用が殊に認識されていますが、これ以外にも肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの生成を抑えるというようなことが言われています。
基礎代謝(Basal Metabolism、BM)とは人間が横たわっていても燃えるエネルギー量のことで、その半分以上を様々な骨格筋・最大の臓器である肝臓・頭部の脳が使っているとのことです。
暴飲暴食、肥満、喫煙、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、高齢化など複数の誘因が集まると、インスリン分泌が衰えたり、働きが衰えたりして血糖値が高くなる2型糖尿病ICD-10:E11)に罹患します。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一つであるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている有機硫黄化合物が、肝臓に存在する解毒酵素の円滑な創造を促しているのではないかという新たな事実関係が明らかになってきました。
チェルノブイリ原発の事故のその後の追跡調査のデータから、成人に比べると体の小さい子どものほうが漏れた放射能のダメージを受容しやすくなっていることが理解できます。
抗酸菌の結核菌は、患者がゴホゴホと「咳」をすることによって内気に振りまかれ、空気中でふわふわと移動しているのを今度は違う人が呼吸しながら吸い込むことによって感染していきます。
脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂分泌が乱れる主因としては生殖ホルモンの均衡の乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの枯渇などが挙げられます。
パソコンモニターの強い光を低減させる効果のある専用眼鏡がことさら人気を博している理由は、疲れ目の改善に大勢の方が努めているからだと思っています。
くしゃみや鼻水、鼻詰まりに目の痒み・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の主な諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散している量に比例するかのように悪化の一途を辿ってしまう特性があるとわかっています。
ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が失効した後に発売されるもので、同一の成分で経済的な負荷が少ない(クスリ代が少額の)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。